リビングと和室を一体化して広いLDKにする費用|リフォーム費用の手引き

リフォーム費用の手引き

リビングと和室を一体化して広いLDKにする費用

「広いリビング」というのは、リフォームでも人気プランの一つです。
特にマンションでは、リビングに隣接した配置となっている「和室」を洋室化し、更に取り込む形で広いLDKへ改築する御要望が多くなっております。



そこでここでは、和室をリビングへ一体化するリフォームにおいての「プラン例」やそれによって「費用」がどう変動していくのかを検証していきたいと思います。
ただし、「マンション」「LDKに隣接する和室」という条件だけでは、広さや配置など様々な仕様がございますので、今回は一つのモデルとなる間取りをピックアップさせて頂き、それに基づいてリフォーム費用をみていきたいと思います。



リビングと和室のレイアウト例 : リフォームモデル「3LDK」


 
■「和室」…約6畳、畳(床)、クロス(壁)、ラミネート天井(天井)、押入れ 1箇所
■「リビングダイニング」…約10畳、フローリング(床)、クロス(壁・天井)
■「キッチン」…独立型の対面式キッチンで、出入口は枠材などによって仕切られているものとし、和室の改築においては工事の干渉が無いものとする。




今回は、和室を一体化するという事がメインの内容となりますので、
「和室の洋室化」
「LDと和室の間仕切壁・建具の撤去」
この2点が主な工事となります。しかながら文章での表現としては同じであっても、実際にはその「仕上げ方」によって費用が大きく変わってきますので、その辺りを中心にご説明させて頂きます。
 
基本的にはその「仕上げ方」のプランニングを、「金額」と「綺麗さ」とのバランスから検討していく必要があります。(念のために注意書きとしまして、ここでの「綺麗さ」というのは、職人の「技術」等による仕上がりの綺麗さではなく、「デザイン」としての仕上がりの綺麗さを指しております。「技術」に関しては金額によって変動する事なく、常に高品質な仕上がりのご提供をお約束させて戴いておりますのでご安心下さい。)






一例ではございますが、まずは「和室の洋室化」と「LDと和室の間仕切壁・建具の撤去」という2点を満たす条件の中で、低コストを重視した経済的でお手頃価格なプランからご説明させて戴きます。



ただし、見た目や使い勝手のデメリット部分をご理解頂く必要もある内容となりますので、それらに関しても加えてご説明させて頂きます。



LDKリフォームプラン① 費用35~40万円



先ず、間仕切りとなっている壁と建具を撤去し、壁にコンセントやスイッチなどがある場合はその移設を行います。更に和室の畳も撤去し床にフローリングを張っていきます。この際、コストを抑える為にLD側のフローリングはそのまま利用して張り替えないものとします。



また、和室側の床にフローリングを張る際に、畳撤去後の下地状況によって工事方法が変わってきます。下地が二重床工法の場合は畳を撤去したままフローリングを張ってしまいますと、畳とフローリングの厚みの違いからLDとの床の段差が生じてしまいますのでフローリングを張る前に下地木工事を行い仕上がり後の床レベルを調整します。



二重床工法でなくスラブの上に畳が直に設置してある事もあります。その場合は、防音タイプのフローリングをスラブの上に直接接着剤で貼り付けます。いずれの場合も、現状のリビング側のフローリングと高さを合わせて段差解消を行うことが可能です。ただし、LD側のフローリングは従来品をそのまま利用しますので和室側に新たに張るフローリングが廃盤などの理由によって同じシリーズで同じカラーの商品が利用できない事も多く、その場合は色合いなどの近い類似品にて施工させて戴く事となります。あるいは、仮に同じフローリングが利用できた場合でも経年劣化や色あせ等によって色に違いが生じる事がありますのでその点をご了承頂く必要があります。
加えてちょうど壁が設置してあった位置、つまり和室とLDの境となっていた新旧フローリングのつなぎ部分には、見切り材を設置する為仕上がり後の見た目としては床を二つに分けている様な感じとなります。
…【 1 】



続いて、和室の天井は一般的に木目のラミネート天井を使用している場合が多く解体して造り変えるとその分費用が掛かってしまいますので、ここでは天井材の上からベニヤを直張りしパテ処理を行った上でクロス似て仕上げる方法を選択させて戴きます。
この際、LDと和室の天井高に違いが生じる場合がありますが、天井の段差解消或いは和室側の天井高を上げる工事はしないものとします。
…【 2 】



壁の撤去部分跡は、床・壁及び天井の補修工事も必要となります。更に、間仕切り壁の撤去によって破れてしまった壁や天井のクロスの張替えも必要となります。理想としては、旧和室とLDの全てのクロスを張り替える方がより綺麗な仕上がりとなりますが、ここではコストを抑える為、必要最低限となる撤去壁周辺のみの張替えとします。
この場合、同じ柄のクロスというのが年数によっては廃盤となってしまっている事も多く、その場合は類似品似て施工しますが柄だけでなく既存クロスの色あせや変色によって、「つぎはぎ」的な仕上がりとなる場合もあります。
…【 3 】



和室バルコニー側の窓には障子が在る場合が多くこの場合は障子の扉部分のみの撤去とし、敷居等はそのままとして、そこにカーテンレールを設置する事とします。
また、押入れについては中は改築せずにそのまま利用し襖のみ洋風の木製引戸へ交換します。
…【 4 】



以上が、主にコストを重視したプランとなります。それぞれ概算となりますが、
【 1 】…20~22万円位
【 2 】…4~5万円位
【 3 】…3~4万円位
【 4 】…8~10万円位
以上合計しますと、35~40万円位のリフォーム費用となります。





LDKリフォームプラン② 費用55~60万円



上記のプラン①はコストを重視したリフォームとなりますので、もう少し「仕上がり」を考慮したプランですと、
【 1 】上記( プラン① )と同様の方法…20~22万円位
【 2 】上記( プラン① )と同様の方法…4~5万円位
【 3 】壁と天井のクロスについては、旧和室とLDの全てを張り替える…18~21万円位
【 4 】押入は同じサイズのクローゼットへ改築する…12~13万円位
以上合計しますと、55~60万円位のリフォーム費用となります。





LDKリフォームプラン③ 費用80~95万円



ある程度予算をかけてでも、旧和室とLDがより一体感のある「仕上がり」のリフォームをお考えの場合ですと、
【 1 】和室側だけでなくLDのフローリングも張替えて、ひと続きの床にする…38~42万円位
【 2 】和室天井を解体してできる限りLDの天井と高さをあわせる…8~12万円位
【 3 】壁と天井のクロスについては、旧和室とLDの全てを張り替える…18~22万円位
【 4 】障子の枠や敷居も洋風の窓枠に変更してカーテンレールを設置、押入は同じサイズのクローゼットへ改築する…17~20万円位
以上合計しますと、80~95万円位のリフォーム費用となります。 





その他にも内装材や建具等のデザイン性や素材にこだわったり、キッチンも交換するなどプランによっては更に費用が加算します。具体的なご相談は、弊社お客様相談室までお問い合わせ下さい。


関連するリフォーム費用の手引きもっと見る

和室を洋室へリフォームする費用 (マンション)

  • マンション
  • 洋室・和室・子供部屋
  • 内装(床・壁・天井)
  • 間取り変更・レイアウト変更