長期間に渡った一戸建てのスケルトン・リフォームの全容を大公開|密着レポートリフォーム事例集

密着レポート事例集

プロセス事例 vol.3

長期間に渡った一戸建てのスケルトン・リフォームの全容を大公開

  • 耐震
  • 間取り変更
  • 二世帯住宅・同居
  • 家全体
  • 一戸建て
  • 1500万円以上
  • 東京都

I 様

リフォームのポイント

リフォームのポイント

リフォームの概要

物件種別 戸建
リフォーム費用 2,879万円
リフォームの内容 スケルトン・リフォーム / 二世帯住宅 / 耐震
ご家族 親夫婦+長男夫婦+長男の子供1人+四男
引越し日時 2016-02-20

リフォーム工事期間で約5ヶ月、最初の訪問からですと1年以上に及んだ、I 様邸のスケルトン・リフォームをプロセスに沿って密着記事で紹介致します。ここまで期間がかかるのは珍しいケースですが、同居する両親と長男家族の二世帯化をテーマに、家族6人のライフスタイルに合わせた間取りは、全員が納得のいくまで何度もプラン変更致しました。

耐震助成金制度の利用やリフォームローンの銀行手続き、仮住まい物件への引越しといった、リフォームに関連する様々な要素が含まれておりますので、大掛かりなリフォームをご検討中の方にはとても参考になる事例です。

STEP 01

0日目

リフォーム前のご自宅の様子

リフォームの検討を始めたきっかけ

ご家族の多い賑やかなI様宅ですが、 料理はお子様兄弟の中でも、学生で育ち盛りの四男に合わせたメニューが多かったそうです。新たに長男家族が同居する事となり、食生活が違うのに「同じメニューは可哀そう」というお母様の想いがきっかけで、耐震助成金制度を利用した二世帯住宅へのスケルトン・リフォームを実施する運びとなりました。

Medium %e4%b8%ad%e9%87%8e %e6%a8%aa

STEP 02

1日目

山商リフォームサービスへ見積りの申し込み

弊社へのお見積りのご依頼は、インターネットを通してご下命頂きました。

この段階でI様より、弊社を含めてインターネットで4社、その他の方法で3社の計7社に声をかけている状況だとを伺いました。工事規模にもよりますが、相見積りは通常ですと3~5社位が多いので、今回はライバル会社がかなり多い印象ですね…。

弊社ではI様宅のリフォームを、中野亮が担当させて頂く事になりました。構造にも関わる大掛かりなリフォームが予想されましたので、二級建築士の資格を取得しており、大規模なリフォーム経験も多く、社内でもスタッフの相談役となっている程、随一の豊富な知識を持つ中野が適任だと判断しました。

STEP 03

20日目

ご自宅へ訪問

リフォームの現場調査と打ち合わせ

最初にご連絡を頂いてから20日後の訪問となりました。お客様によっては数日以内にお伺いするケースも多いのですが、I様は7社との打ち合わせを予定しておりましたので、各社とスケジュールを調整するだけでも大変ですよね。

既存の図面は参考になりますが、信用はしません。

お客様がご自宅の図面を事前にコピーして用意しておいてくれました。調査をスムーズに行う為に、大変助かる資料となります。ただし、私共は多くの経験からこの図面をそのままは信用しません。増築や改築を行って変わっている事もありますし、中には驚く事に図面の寸法が間違っている事もあります。

この調査はリフォーム成功の為の重要なポイントとなります。ここをおろそかにしますと、工事中に取り返しのつかない事態になりますからね。

Medium %e6%89%93%e3%81%a1%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e9%a2%a8%e6%99%af%ef%bc%97

STEP 04

1ヶ月目

まずは全7社共通のプランで見積書を比較

最初のご提案については、お客様の希望で全ての会社が共通のプラン内容で見積書を作成する事となりました。お客様自身も7社全てと、今後も打ち合わせを並行していくのは大変でしょうから、おそらくこの時点でいくつかの会社に絞るのだと察しました。

弊社は何とか第一関門を突破して、お打ち合わせを今後も進めさせて頂く運びとなりました。

STEP 05

2~5ヶ月目

[リフォームプラン作成]→[お打ち合わせ]の繰り返し

[1階]リフォーム前の間取り

お客様の一番の悩みは、家族みんなで集まるには手狭なダイニングキッチン。更にリビングは廊下で分断されて離れて配置されている為、食後でさえ誰も利用しない物置状態でした。また、浴室はお洒落な石張りでしたが、冬は震える寒さになるそうです。

[1階]ボツになったプラン公開

1階は両親ご夫婦が利用する空間として間取りを検討。振り返るとトータル7種類の図面を作成して、打ち合わせを繰り返しました。折角なので、その内の見送られたプランを4つ程ご紹介。こういった捨てプランが、より良いプランを作成する為の重要なベースとなります。

[1階]の間取り決定!

最終的には広い16畳のLDKをメインに、掘りこたつのある7畳の和室や、9畳の洋室がレイアウトされたプランに決定しました。お母様の強い希望で、多くの収納スペースを確保。玄関と廊下には下駄箱の他に、ご家族のスポーツ用具などが収納できるクロークを造作。洋室には、これまで利用していたタンスを配置できるスペースを確保しました。

STEP 06

2~5ヶ月目

[2階]リフォーム前の間取り

2階には、もともとキッチンが設置してありましたが、居室として利用する隣の部屋は和室。若いご家族のライフスタイルとは不一致の仕様となっておりました。

[2階]ボツになったプラン公開

キッチンと和室の部屋を繋げて広いLDKを確保。廊下は延長して、廊下から各部屋へ入れる動線を作る間取りを作成し、その方向性は最終プランまで大きく変わらずに進みました。ただし、キッチンをL型で配置してみたり、洗面台の設置場所をどこにするかなど細かい点を図面で確認していきました。

[2階]の間取り決定!

長男ご家族が生活するスペースと、四男の部屋を確保した2階は、こちらの間取りに決定。お風呂以外の水まわりは全て2階にも設置し、キッチンからの動線も考えた間取りとなっております。

STEP 07

7~9ヶ月目

ご契約から着工まで

7社の相見積り会社がある中、何とか弊社へご契約頂く事ができました。大規模なスケルトン・リフォームの為、直ぐに着工とは至りません。通常業務となるカラーコーディネートの打ち合わせや、工程表の作成などはもちろんですが、I様のリフォームにおきましては、自治区が行っている耐震設計助成金制度の利用も目的となっておりましたので、今回は区の指定工事店である「菅原建設」さんにご依頼して、耐震設計の構造計算をお願いしました。同時に銀行とのリフォームローンの手続きや工事期間中の仮住まい物件探しなど、着工までにたくさんの手続きが必要でした。
※写真はイメージです。

STEP 08

着工1日目

リフォームが解体工事からスタート

いよいよ大規模スケルトン・リフォームの工事開始です。お引っ越しも完了して、がらんどうとなったご自宅の解体作業から始まります。土台などの腐食は予想の範疇でしたが、天井を開けてみたら、木造住宅の一部に鉄骨が使われていたのは予想外の状況でした。リフォームで言われる「開けてみたら…」というやつですね。早速のハプニングに、耐震設計をお願いしていた設計士さんに連絡して再計算が必要となりました。

STEP 09

着工から2週間

家を支える基礎工事

解体時に発覚した鉄骨構造部分の存在により、耐震設計の再計算が必要となった事で、少し時間が空きましたが、無事に再申請も完了した事で、基礎工事から再開となりました。

間取り変更によって新しく壁ができる場所には、その柱や壁を支えるコンクリート布基礎を設置します。床全体にはベタ基礎を打ちました。

STEP 10

着工から1ヶ月

大工さんの作業が開始

基礎工事が終わり、コンクリートもしっかりと乾いて固まりますと、いよいよ大工さんの木工事に入ります。まずは土台や床下地、床の断熱材といった床から工事を開始。全面的なリフォームの場合、職人さんの中で、最も作業期間が長いのが大工さんになります。外部には足場と養生が設置されて、まさにリフォーム真っ只中という印象になりました。

大工さんが家の構造部分の工事や耐震金物補強などを進めていく中で、電気屋さんや水道屋さんが床下などに配線・配管工事を開始しております。また、耐震対策として屋根を軽量化する事も建物の負担軽減につながり効果的です。屋根は設置されていた重たい瓦が屋根屋さんによって撤去された様です。

STEP 11

着工から2ヶ月

まだまだ木工事が中心に続きます

床から進んでいた工事ですが、少しずつ壁や天井も出来上がってきました。窓やドアなども設置されていきます。その隙間を通る様に、設置される水まわり設備への新しい配線・配管も進んでおります。屋根や外壁には新しく防水シートが張られました。

STEP 12

着工から3ヶ月

工事も中盤から後半へ差し掛かってきました。

壁が出来上がり、大工さんは徐々に壁の断熱材の施工に入っております。トイレは新しい便器の位置に合わせて配管の準備が完了した様ですね。屋根は、新しい軽量の屋根材に葺き替えが完了しました。

STEP 13

着工から4ヶ月

木工事が終わると、内装工事→設備機器設置と最終段階になります。

内装工事の仕上げも完了し、最後に水まわり設備や照明・エアコンなどの電気設備も設置が完了致しました。ハウスクリーニングや最終的な点検を済ませましたら、お客様へ引渡しになります。

STEP 14

着工から4ヶ月半

大規模リフォームがついに完成しました!

外観・1階の16畳LDK

長期に及ぶスケルトンリフォームが完成して、外観も含めて新築同然にガラリと見た目が変わりました。1階のLDKはシンプルで広い対面キッチンとなっております。

1階の水まわり設備

ご両親夫婦が主に利用する事となる1階水まわり設備です。全て一新されて、最新の充実機能に心踊りますね。

2階の水まわり、1階和室・玄関まわり

2階の水まわりは、コンパクトながら充実性能の商品を設置しました。

1階にはリビングとは別に、広い和室が設けられております。畳の中央部分は掘りこたつに変更可能。
玄関は、家族のスポーツ用具を収納できる待望の大型クローゼットが完成しました。

最初のご訪問から1年以上に及ぶリフォームとなりましたが、ご家族皆様の希望が詰まった家に生まれ変わりました。取材のご協力、誠に有難うございました。

会社を選んだポイント

大規模リフォームの実績や丁寧な対応に安心して任せる事ができました。

リフォームのポイント

7社に見積りを依頼しましたが、その内の2社は連絡も無いままに、自然と来なくなってしまいました。他の1社はリフォームの規模が大き過ぎるという理由で辞退すると断られました。

担当の中野さんは、最初の現場調査から丁寧に計測されており、実際にお渡しした図面と窓の位置が違う事も発見されておりました。その後も一つ一つ丁寧に対応頂いた事が、山商リフォームサービスさんを信用するきっかけになっていきましたね。